よあけのばんに★彡 そらの上からよのなか鳥瞰してみるブログ

最新ニュースから人間やら社会やらつまらないモノを口にします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
マイクロソフトの新しいOS『Windows7』が先行予約販売キャンペーンで、軒並み完売状態ということだ。
前回のWindows Vistaは不評だったが、今回のは評判はどうだろう?

Windows7は、マイクロソフトが今年10月22日に新しく発売するオペレーティングシステム(OS)。

一つ前のWindows Vistaは起動にやたら時間がかかったり、フォルダの名称が変えられないといった致命的なバグもあったりといった評判の悪さがネットを中心に広がり、発売日には大勢のお客さんに備えていた家電量販店も肩透かしを食らうといった状態だった。

マイクロソフトの社内でもWindows Vistaを使わず、二つ前のWindowsXPを使っているなんて話もネットで流れた。

売れないWindows Vistaはそうそうに諦め、マイクロソフトはWindows7の開発を急いだようだ。

そんなWindows7の新機能は「より速く、より簡単に」がテーマ。

起動時間が大幅に短くなり、その他タスクバーの変更、ジャンプリストといった目当てのファイルやアプリケーションまですぐにたどり着けるような工夫がされている。

2009年1月にはベータ版が配布され、使った人たちがそれぞれのブログに感想を書き込んでいたが、評判はとても良かった。

そんな前評判の良さからか、少し安く買えるからか、26日から始まった数量限定の先行予約発売のキャンペーンでは、完売続出。
今回は期待できそうだがOSにはバグが付き物。
発売後にバグが修正されたバージョンが出てからバージョンアップするのが賢明かな。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://restartamac.blog31.fc2.com/tb.php/231-fcee18e0

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。